地域と共に 名鉄四日市タクシー
会社概要
安全への取り組み
運賃について
サービス案内
乗務員募集
リンク
お問い合わせ
HOME
   
   
クレジットカードOK!
メンバーズ
 
 
HOME安全への取り組み
安全への取り組み

Commitment
輸送の安全に関する社長のコミットメント

 

 名鉄四日市タクシーでは、事業経営に際し、コンプライアンスに基づき事業の公共性と社会的責任を自覚するとともに、お客様を「安全」・「快適」に送迎し、お客様に安心してご乗車いただけるタクシーをめざします。
 そのために、輸送の安全確保を第一として、乗車前の点呼における指導をはじめ、日々の運行を常に振り返ってその改善と対策を推進するほか、乗務員への安全教育を反復継続して実施するなど、「運輸安全マネジメント」への取り組みでは、社長の私が率先垂範して実践してまいります。

 
平成29年6月12日

名鉄四日市タクシー株式会社
取締役社長 前田 晴道




Safety measures
 
 平成29年度運輸安全マネジメントの取り組み

<安全方針>

  1. 事故防止のための安全方針
    北勢地域から「信頼されるトップブランド」をめざす
    名鉄タクシーのキーワードは、安全・快適で安心送迎
  2. 周知方法
    1. 本社内、各営業所内に掲示する
    2. 点呼の際、管理者が指示する

<安全重点施策>

  1. 安全方針に基づく目標
    1. 飲酒運転の撲滅、安全速度の確認と励行
    2. 追突・当方一停出合頭衝突、自損(特にバック)事故の撲滅
    3. 有責事故(軽微な物損事故を含む)年間48件以内
      重大事故(自動車事故報告書規則第2条規定)ゼロ
      人身事故ゼロ、自損事故半減(年間20件以内)

      営業所別目標(年間)     <有責事故>   <自損事故>
      本社営業所(91台)       26件以内     11件以内
      北部営業所(62台)       22件以内      9件以内
  2. 目標達成のための計画
    1. 飲酒運転の根絶に関する教育、指導の徹底
    2. 毎勤務毎にデジタコによる法定速度厳守のためのチェックと指導
    3. 運転記録証明書(年2回調査)による結果分析と違反者に対する指導
    4. ドライブレコーダーによる事故防止のための意識付けと事故事例ビデオによる安全教育の徹底及び映像写真の提出
    5. 「毎週水曜日 交通事故ゼロの日」「毎月24日 無事故運転誓いの日」を事故防止重点実施日として意識の向上を図る
    6. 事故審議会において、事故惹起者に対する事故分析及び指導及び自動車事故対策機構での適正診断の受講
    7. 始業点呼時の更なる指導強化
  3. 安全に関する情報交換
    1. 社長をはじめ役員による営業所への巡回指導
    2. 班会議、係長会議、管理者会議で事故事例のビデオの放映
    3. 事故審議会で各営業所・組合代表との意見交換による問題点の把握
    4. ヒヤリハット情報の共有化で事故の未然防止
  4. 安全に関する目標達成状況
    自動車事故報告規則第2条に規定する事故件数0件
    有責事故前年▲11件、内自損事故▲7件


Safety measures
安全への取り組み
免許証リーダー・アルコールチェック 対面点呼
  出動・・・免許証の確認
  免許証が本人のものか顔写真を保存
  有効期限も確認
  アルコール測定器でアルコールの有無を
  チェック
  終業点呼でもアルコール測定器でアルコ
  ールのチェックをします
  免許証・アルコールのチェック完了
  自動的に、年月日・社員コード・氏名が印字
  された日報が手渡される
  対面点呼の実施です
運転経歴書
就業規則では事故・違反の報告を義務づけ
1年に2回 運転経歴書を会社負担で取得
公私を問わず飲酒運転歴のあるものは懲戒解雇
一般道路で30K 有料道路で40K以上
速度超過の判明者は社内で厳しい処分
セーフティLED タクシーメーター検査
  左リヤードア先端に取りつけた
  セーフティLED・・・発光ダイオード
  自転車・バイク・後続車に注意を喚起
  タクシーメーター検定
  どのタクシーも正確で正しい運賃


BACKへ PAGE TOPへ

Copyright(C)2005 Meitetsu Yokkaichi Taxi. all right reserved.